非破壊検査機器
超音波探触子

オリンパスは、探傷、厚さ測定、材料解析など、多様な検査用途に対応する超音波探触子を開発・製造・販売しています。標準品やカスタム設計の探触子を含め、これまで5,000種類以上の探触子を開発しています。長年にわたる製品開発の技術力により、厳しい検査要件にも対応可能なソリューションを提供し続けています。

斜角探触子とウェッジ

斜角探触子は、一般に溶接部検査に使用されています。 これらの探触子は一振動子型探触子で、屈折された横波、または縦波を検査対象物に発生させるためにウェッジと一緒に用いられます。また、TOFD(Time-of-Flight Diffraction)法でも使用されます。 SN比改善用のAccupath(アキュパス)ウェッジや、成形ウェッジ、高温用途向けウェッジなど、必要に応じて各種ウェッジスタイルを取り揃えています。

詳細はこちら

アトラスヨーロッパ標準探触子

ヨーロッパとその他地域で参照される検査基準を満たすよう設計された、Atlas® 探触子は、LEMO® コネクター、メートル法の振動子径、1、2、4 MHzの公称周波数を特長とします。 二振動子型、斜角、直接接触型、表面保護付き型があります。

詳細はこちら

AWS探触子とウエッジ

AWS探触子とウエッジは、溶接部検査で使用する斜角探触子に関して、米国溶接協会の「Structural Welding Code」、Section D1.1にある仕様を満たしているか、あるいは上回ります。 検査要件に基づいて、スネイルおよびAccupath(アキュパス)ウェッジが利用できます。

詳細はこちら

CDSウェッジ

CDSウェッジは、一振動子型探触子と共に使用して鋼材中に30度の横波と70度の縦波の両方を生成して、30-70-70法を用いて内径に生じた割れの検出とサイジングを行います。 さまざまなサイズのCDSウェッジがあり、当社の着脱交換可能なミニチュア・スクリューイン斜角探触子と互換性があるため、経済的な選択肢となっています。

詳細はこちら

直接接触型探触子

直接接触型探触子は、検査対象に直接接触させて使用するよう設計された、一振動子の縦波探触子です。 標準型や、アクセスしにくい箇所用のフィンガーチップ型、磁性体素材上で安定した配置が可能なマグネチック・ホールドダウン型など、複数のスタイルを用意しています。 産業環境で使用できるよう耐久性に優れ、音響インピーダンスはほとんどの材料に適合します。 直線ビームによる探傷と厚さ測定、層間剥離の検出とサイジング、プレート、ビレット、バーやその他の金属/非金属部品の検査など、多くの用途で使用されています。

詳細はこちら

着脱交換可能な遅延材付き探触子

着脱交換可能な遅延材付き探触子は、一振動子型で、着脱交換可能な遅延材と共に使用した場合に表面近傍の優れた分解能が得られるよう、高ダンピング型です。 高周波数により、非常に薄い素材の測定や、直接接触法を使用した小さな傷の特定にも最適です。 多くのスタイルをご用意し、精密厚さ測定、直線ビームによる探傷、設置範囲が限られた部位の検査に一般的に使用されています。

詳細はこちら

二振動子型探触子

二振動子型探触子は、2個の振動子が同一ケース内で音響隔離版により仕切られた構成になっています。 1個の振動子が縦波を送信し、もう1個がレシーバーとなります。 振動子は斜角で、検査材料中にV字形のビーム路程を形成します。 この疑似焦点によって集束部分における分解能が向上します。 これらの探触子は、表面近傍での優れた分解能、粗い表面への良好なカップリング、粗粒素材や散乱素材での底面散乱ノイズの低減など、多くの利点があります。 残存肉厚測定、腐食/浸食のモニタリング、溶接部オーバーレイ検査、被膜の接合/剥離検査などの多くの用途で使用されています。

詳細はこちら

EMAT探触子

EMAT(電磁超音波探触子)は、磁歪効果を使用して超音波を送受信する一振動子型探触子です。 EMATは、カプラントなしで使用が可能、検査前に外側スケールの除去が不要、検査表面に直接接触あるいは少し離して使用可能、高温部位に使用可能、小径パイプで良好に機能するといった、独自の利点があります。

詳細はこちら

高周波探触子

この一振動子の直接接触型または水浸型の探触子は、20 MHzから225 MHzの周波数を生成します。 高ダンピング、広帯域設計で、優れた時間分解能を提供すると同時に、短い波長により優れた探傷分解能を実現します。 フォーカスにより非常に小さいビーム径が実現可能です。

詳細はこちら

水浸型探触子

水浸型探触子は、1/4波長の層を持ち、音響的に水とマッチする一振動子型の縦波探触子です。 検査部位が部分水浸または全水浸する用途で超音波を発信し、均一な高速カップリングによって迅速なスキャンが可能です。 フォーカスレンズを追加すれば、特定の範囲における探触子の感度と性能を向上させることができます。 この探触子は、標準、大口径、スリムライン、ペンシルケース型があります。 すべて防食303ステンレスケースで覆われており、クロムメッキされた真ちゅう製コネクターとRFシールドを備え、SN比を向上させています。 自動走査、インライン厚さ測定、パイプやバー、チューブ、プレートの高速探傷に使用されています。

詳細はこちら

特殊水浸型

当社の特殊水浸型探触子は、厚さ測定、アルミニウムメッキの検査、マルチエレメントによるアレイ探傷などの用途向けです。 側視用、ペイントブラシ、超小型、i-Rなど、さまざまなスタイルを用意しています。

詳細はこちら

水浸型アクセサリー

バブラー、水槽、側視ミラー、サーチチューブなどのアクセサリーは、水浸用途や手法に役立ちます。

詳細はこちら

一体型斜角探触子

これらの探触子は、優れたSN比特性をもち、丈夫なプラスチック製ウェアの採用で、寿命が長くなり、重要部品に傷が付きにくくなっています。 短い接近距離と高さにより、アクセスが制限された用途に最適です。 スタイルによっては、横付きMicrodot™と上付きMicrodot両方のコネクターが利用できます。

詳細はこちら

垂直入射横波探触子

この一振動子の直接接触型探触子は、屈折を使用せずに検査対象物に横波を直接入射します。 横波は検査対象物表面に垂直に伝播します。 横波音速測定、弾性と横波のヤング率計算、材料ゲイン構成の特定に使用されています。 直接接触型と遅延材付き型があります。

詳細はこちら

表面保護付き探触子

この多用途の一振動子の縦波直接接触型探触子は、遅延材、保護膜または保護用の耐摩耗キャップを取り付けて使用できます。 探触子を単体で使用する場合、エポキシ製の耐摩耗面により、プラスチック、各種複合材料、その他低インピーダンス素材に整合する音響インピーダンスが得られます。 直線ビームによる探傷、厚さ測定、高温での検査、、プレートやビレット、バー、鋳造品の検査に使用されています。

詳細はこちら

RTD探触子

RTD探触子は、原子力産業において、粗粒オーステナイト鋼の検査、被膜下の割れの特定、IG応力腐食による割れの検出とサイジング、パイプや圧力容器の自動スキャン、および継続的な高温用途で一般に使用されています。

詳細はこちら

スポット溶接部検査用探触子

これらの探触子は、自動車などの産業用途で使用されるものを含め、スポット溶接部の検査で最適な性能を発揮します。 広帯域設計のスポット溶接部検査用探触子は、溶接部の合否を区別するために不可欠な、優れたSN比を実現します。 溶接のナゲットサイズに基づいて適切な探触子が見つかるよう、0.5mm刻みで多くのサイズを用意しています。 水柱を蓄えるやわらかいメンブレン、または硬い先端の遅延材と併せて使用できます。

詳細はこちら

標準斜角探触子

標準斜角探触子は、振動子径が大きいため厚手材料の検査が可能で、広範囲をスキャンすることができます。 屈折横波または縦波を検査対象物に発信するために、ウェッジと共に使用します。 高温素材用を含め、さまざまなスタイルのものを取り揃え、0.5MHzの低周波数にも対応しています。 標準、横波、成形ウェッジもご用意しています。

詳細はこちら

TOFD探触子とウェッジ

TOFD(Time-of-flight diffraction)探触子とウェッジは、屈折した縦波を鋼材中に生成させ、一般に割れをサイジングするために使用します。 高ダンピングにより、高度な用途で優れた分解能を実現します。 高感度のコンポジットの振動子を持ち、周波数は2.25 MHz~15 MHz、サイズは3mm (0.25インチ) ~12mm (0.5インチ)のものをご用意しています。

詳細はこちら

試験片

校正用/標準試験片は全ての超音波検査アプリケーションで必要とされます。 標準試験片では、一般的な素材の斜角校正と厚さ校正が行えます。 1018スチール、304ステンレス、7075-T6アルミニウムで作成された試験片が一般に在庫されており、その他の素材のカスタム試験片については、ご注文によりご用意します。 すべての試験片は、NIST(National Institute of Standards and Technology)に従った機器を使用して測定されています。

詳細はこちら

探触子ケーブル

探触子ケーブルは、BNC、LEMO®、UHG、Microdot™ などの各種コネクタースタイルがあり、強化、防水、ハンドル付きケーブル、デュアル、外挿ステンレススチール、ダブルシールドなどの各種タイプを用意しています。 標準のケーブル長さは、1m (3.3 ft)、1.2m (4 ft)、1.8m (6 ft)ですが、カスタムの長さにも対応します。 すべてのケーブルは、特に指定のない限り50オームのインピーダンスです。

詳細はこちら

カプラントおよびアダプター

探触子と試験体の間の音響カップリングを得るためには、カプラント(接触媒質)がほとんどの場合に必要です。 各種検査用途に対応するカプラントを用意しています。 各種タイプのケーブルおよびプローブを探傷器に接続するためのアダプターも取り揃えています。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK