Olympus Logo

非破壊検査機器
ポータブル渦流探傷器

ポータブル渦流探傷器(EC)は、導電性材料の検査に適しており、表面および表面近傍の欠陥検出を非破壊で行うことができます。渦流プローブのコイルの周囲に磁界が発生し、そのコイルを導電性の検査対象物に近づけることにより渦流を生じさせます。渦流探傷はその渦流の変化により欠陥を検出する技術です。非接触の検査で、検査対象物の前処理や後処理が不要、また薬剤を使用する必要もありません。用途としては、表面や表面近傍の欠陥検出のほか、ボルトホールの検査、導電率の違いによる金属異材の判別、溶接部表面の欠陥検査などがあります。

NORTEC 600

NORTEC 600は、操作性、機動性、耐久性に優れた小型・軽量なポータブル渦流探傷器です。 鮮明で見やすい5.7インチVGAディスプレイを搭載しているので、渦流信号を屋内・屋外ではっきりと表示することができます。材料の表面検査に適しており、コーティングの上からでも溶接部表面の欠陥検出が可能です。

チューブ検査用 MultiScan MS 5800

MS 5800は、渦流探傷法、漏洩磁束法、リモートフィールド法、およびIRIS法を行える、マルチテクノロジーシステムです。

チューブ探傷用プローブ

チューブ探傷用プローブは、軽量かつ耐久性に優れています。磁性または非磁性チューブの検査用に、渦流、リモートフィールド、漏洩磁束、およびIRISプローブを取り揃えています。

OmniScan MX ECA/ECT

OmniScan MX ECAは、高性能な渦流アレイ探傷器です。ブリッジモードやトランスミットモードで、32個(外部マルチプレクサーを使用すれば最大64個まで)のセンサーコイルを制御できます。1度の検査で複数の周波数(20Hzから6MHzまで)を同時に使用可能です。

Bolthole Scanners

回転式ボルトホールスキャナー

回転式ボルトホールスキャナーはNORTECシリーズの渦流探傷器と組み合わせて使用します。さまざまな検査アプリケーションに対応できるよう、回転速度は600~3000rpm、周波数は100Hz~6MHzで調整可能、また、各種コネクタータイプやプローブタイプを取り揃えています。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK