超音波フェーズドアレイ探傷器

オリンパスの超音波フェーズドアレイ探傷器(PA)は、材料内部の詳しい断面画像を高速で生成します。超音波フェーズドアレイ技術は、アレイ状に並んだ複数の振動素子の励振するタイミングを電子的に制御したビームを生成します。このビームは、電子的な方向制御、スキャン、スイープ、フォーカスが可能なため、高速検査や幅広い視野角での検査を実現し、さらに全てのデータを保存することができます。超音波フェーズドアレイ技術は、高精度な測定と信頼性の高い非破壊検査を実現します。

OmniScan X3

OmniScan X3は、フェーズドアレイ探傷に必要な要件を凝縮した探傷器です。革新的なTFM機能による極めて精細でクリアな探傷画像は、探傷における検査員の判断に自信を与え、ソフトウエア機能の拡充によるシンプルな検査ワークフローは、検査の効率を向上します。

詳細はこちら

FOCUS PX

最新のフェーズドアレイ技術を採用した、パワフルでフレキシブルなデータ収集装置FOCUS PXとソフトウェアFocusPCは、オートおよびセミオートの検査システムへ容易に組み込めます。 SN比と検査速度を大幅に改良し、 オプションのソフトウェア開発キットFocusControlとFocusDataも取り揃えています。

詳細はこちら

OmniScan SX

シングルグループで軽量のOmniScan SXは、読み取りやすい8.4インチ(21.3cm)のタッチスクリーンを搭載し、コスト効果に優れたソリューションを提供しています。 OmniScan SXには、SX PAおよびSX UTの2種類のモデルを用意しています。 SX PAは、16:64PRの装置で、UT専用のSX UTと同様に、従来型UTチャンネルを備え、P/E、P-CまたはTOFD検査に対応しています。

詳細はこちら

OmniScan MX2

OmniScan MX2に、UTチャンネルを備えた新しいフェーズドアレイモジュール(PA2)、 TOFD (Time-of-Flight Diffraction)に使用可能な新しい2チャンネルの従来型超音波モジュール(UT2)に加え、好評なOmniScan MX2プラットフォームの機能を拡張する新しいソフトウェアプログラムが搭載されました。

詳細はこちら

EPOCH 1000シリーズ

EPOCH 1000は、オリンパスサービスセンターでフェイズドアレイ機能をアップグレードすることが可能な、一般的な超音波探傷器です。 特長:EN12668-1に準拠、37種類のデジタルレシーバフィルタから選択可能、6 kHzのパルス繰返し周波数で高速スキャンに対応

詳細はこちら

Automated Detection Technologyソフトウェア

VeriPhaseのAutomated Detection TechnologyソフトウェアはOmniScan探傷器と連携して、エンコードされたフェーズドアレイ溶接部データを迅速に処理します。

詳細はこちら

TomoViewソフトウェア

TomoViewは、超音波信号の設計やデータ収集、画像化と分析を行うパワフルで柔軟なPCベースのソフトウェアです。

詳細はこちら

NDTセットアップビルダー

NDTセットアップビルダーは、探傷のセットアップとビームのシミュレーションを画像化する、新しいPCベースのソフトウエアです。 このソフトウェアは、すばやく簡単に包括的な検査プランの詳細を表示する機能を多数備えており、そのデータをOmniScan MX2に直接インポートすることができます。

詳細はこちら

OmniPCソフトウェア

この新ソフトウェアは、OmniScanデータ解析のための効率的で低価格のオプションソフトウェアです。 OmniScan搭載のソフトウェアの同じ解析ツールを備えており、PC上で自在に操作することができます。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK