非破壊検査ソリューション

Weld Inspection Scanners

SteerROVER

SteerROVERは、離れた場所から溶接部検査を実行できる、フルオートマチックの操縦可能な電動スキャナーです。 円周方向または縦方向の溶接部検査用に、フェーズドアレイプローブおよびTOFD-P/Eプローブを装着できます。

詳細はこちら

WeldROVER

WeldROVERは、シンプルで非常に強力な1軸エンコーダーの電動スキャナーで、全自動でデータ収集を行います。 6本までのプローブを使用して、磁性体のパイプや容器の溶接部をフェーズドアレイにより効率的に検査します。 UT、TOFD、PA。

詳細はこちら

HST-Lite スキャナー

コスト効果と信号品質が重要なシングルチャンネルTOFD検査には、新しいHST-Lite スキャナーが最適です。 磁気ホイールとバネ式プローブホルダーの組み合わせは、高品質のワンライン探傷を実施するために必要な安定性を提供します。 スキャナーは片手で操作することができ、上下逆でも強磁性面に付着します。

詳細はこちら

ミニホイールエンコーダー

ミニホイールエンコーダーは、スキャン軸における欠陥の位置特定とサイジングに使用されます。 データ収集をプローブの動きに同期化することができます。 また、防水性を備え、オリンパスの標準PAウェッジと互換性があります。

詳細はこちら

COBRAスキャナー

COBRA手動スキャナーは、OmniScan MX探傷器および16:128モジュールと組み合わせて使用することで、小径パイプの円周溶接部の検査を行います。 COBRAには2個のPAプローブを装着可能で、外径0.84インチから4.5インチまでのパイプを検査できます。

詳細はこちら

HSMT-Compactスキャナー

HSMT-Compactスキャナーは、1軸エンコードの手動スキャナーです。 特に、小型・軽量で汎用性に優れます。 プローブを4個まで装着でき、平板や外径4.5インチまでのパイプの周方向スキャンに使用できます。

詳細はこちら

HSMT-Flexスキャナー

HSMT-Flexスキャナーは、外径4.5インチ以上のパイプの円周溶接部を探傷する1軸エンコードの手動スキャナーです。 中央部で折り曲げることができるため、オプションのプローブホルダーを使用して、プローブを8個まで取り付けることができます。

詳細はこちら

HST-X04

オリンパスのHST-X04 Time-Of-Flight Diffraction(TOFD)手動スキャナーは、効率的かつ低コストの汎用型溶接部検査ソリューションです。

詳細はこちら

VersaMOUSEスキャナー

VersaMOUSE™は、フェーズドアレイプローブを使ったリニアエンコードスキャン用に設計されたスキャナーです。 一体化されたインデックスボタンによって、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)平面パネルや腐食探傷などの2Dマッピングが簡単に取得できます。 VersaMOUSEは、エンコードによるワンラインスキャンを実行し、次に垂直方向に位置のインデックスを作成します。 さらに別のワンラインスキャンを行い、それを前回のスキャンの横に張り合わせたマップデータを作成できます。 検査対象領域の2Dマッピングが取得できるまで、この操作を繰り返します。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK