棒鋼探傷ソリューション

棒鋼探傷システムでは、超音波フェーズドアレイ(PA)、渦流アレイ(ECA)、蛍光X線分光(XRF)技術を採用しています。棒鋼の全容積探傷、全表面探傷、材料識別などの検査が可能です。

BIS PA:棒鋼探傷システム—フェーズドアレイ

BIS PAは、フェーズドアレイテクノロジーを使用して丸棒および角棒の全容積を検査します。 このシステムでは、棒鋼の真直度にばらつきがあってもプローブの位置を適切に調整するために、独自の「浮動ヘッド」の概念を採用しています。

詳細はこちら

RBIS:回転式棒鋼探傷システム

RBISは、フェーズドアレイ技術と渦流アレイ技術を組み合わせて、ビレットと呼ばれる大型の棒鋼の全容積と表面を検査します。 ビレットを回転させながら、検査ヘッドを支持するキャリッジを直線的に移動させて探傷を行います。

詳細はこちら

FOX-IQプロセスおよびオンライン蛍光X線分析(XRF)システム

FOX-IQプロセス 毎日24時間連続作動してプロセスを最適化するように設計されているため、生産性向上と品質改善を実現します。 金属、合金、液体などに使用。 取り付けは簡単で、低コスト。

詳細はこちら

BIS ECA:棒鋼探傷システム—渦流アレイ

BISは、渦流アレイ(ECA)テクノロジーを使用して丸棒および角棒の表面を検査します。 このシステムでは、棒の真直度にばらつきがあってもECAプローブの位置を最適化する摩耗シューを使用しています。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK