Olympus Logo

非破壊検査機器
チューブ探傷ソリューション

超音波フェーズドアレイ技術(PA)および蛍光X線分光技術(XRF)を採用した、継ぎ目のない溶接管を探傷するためのシステムです。

PipeWIZARD

PipeWIZARDは、超音波フェーズドアレイ法(PA)と従来型の超音波法(UT)を組み合わせたパイプライン溶接部の自動検査システムです。現場での溶接部検査に対応できるよう設計されています。

詳細はこちら

RTIS:回転式チューブ探傷システム

回転式チューブ探傷システムのRTISは、超音波フェーズドアレイ技術(PA)を使用して、チューブの全容積を検査します。このシステムは、安定したウォーターチャンバーを維持するためのメンブレンを用いた「Water Wedge」コンセプトに基づき、高速カップリングと検査未対応箇所の減少を実現しています。

詳細はこちら

FOX-IQ:蛍光X線モニタリングセンサーシステム(現在、日本では対応しておりません)

蛍光X線モニタリングセンサーシステムのFOX-IQは、蛍光X線(XRF)技術を利用したシステムです。生産ラインでの材料識別(金属、合金)、品質検査、有害物質の検出、リサイクル材料判別など、さまざまな用途に対応する自動モニタリング・センシング装置です。

詳細はこちら

インラインERW溶接管探傷システム

ERW溶接管探傷システムは、超音波フェーズドアレイ技術(PA)を利用して、電気抵抗溶接(ERW)管の溶接線と熱影響部(HAZ)を検査します。回転ヘッド機能により、各プローブはそれぞれ-120°~+120°動作して溶接部に追従し、探傷を行います。

詳細はこちら

オフラインERW溶接管探傷システム

ERW溶接管探傷システムは、超音波フェーズドアレイ技術(PA)を利用して、電気抵抗溶接(ERW)管の溶接線と熱影響部(HAZ)を検査します。溶接線の片側に1個のフェーズドアレイプローブを使用するだけで、HAZ全探傷エリア内で一定の振幅レベルを保ちつつ、広範囲の検査が行えます。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to analyze traffic and for ads measurement purposes. Learn more about how we use cookies.

OK