チューブ探傷ソリューション

超音波フェーズドアレイ技術(PA)および蛍光X線分光技術(XRF)を採用した、継ぎ目のない溶接管を探傷するためのシステムです。

長手サブマージアーク溶接探傷システム

長手サブマージアーク溶接(LSAW)管の製造では、鋼板を曲げ加工や成形加工した後、両面のサブマージアーク溶接で終端どうしを接合します。 LSAW管は、石油・ガス産業における炭化水素の長距離輸送パイプラインでよく使用されます。

詳細はこちら

PipeWIZARD

PipeWIZARDは、フェーズドアレイ技術と従来のUT技術を使用したパイプ円周溶接部の検査システム(AUT)です。 陸上や海上における厳しい環境下での現場で溶接部を次々と検査できるよう特別に設計されています。

詳細はこちら

RTIS:回転式鋼管探傷システム

RTISは、フェーズドアレイ技術を使用してチューブの本体を検査します。 このシステムは、永久的で安定したウォーターチャンバーを維持するためのメンブレンを用いた「給水ウエッジ」コンセプトに基づき、高速カップリングと検査未対応箇所の減少を実現しています。

詳細はこちら

FOX-IQプロセスおよびオンライン蛍光X線分析(XRF)システム

FOX-IQプロセス 毎日24時間連続作動してプロセスを最適化するように設計されているため、生産性向上と品質改善を実現します。 金属、合金、液体などに使用。 取り付けは簡単で、低コスト。

詳細はこちら

インラインERW:インラインERW溶接管探傷システム

インラインERWは、フェイズドアレイ技術を使用して、電気抵抗溶接 (ERW) によるチューブの溶接線と熱影響部 (HAZ)の探傷を行います。 ヘッド回転機能により、各プローブが独立して–120度から+120度まで動作して溶接部をトラッキングします。

詳細はこちら

オフラインERW:オフラインERW溶接管探傷システム

オフラインERWは、フェイズドアレイ技術を使用して、電気抵抗溶接 (ERW) によるチューブの溶接線と熱影響部 (HAZ)探傷を行います。 溶接の各側で1つのPAプローブのみ使用することで、振幅が一定した熱影響部(HAZ)を広くカバーすることができます。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK