Olympus Logo
Olympus LogoOlympus Logo

非破壊検査機器
溶接検査ソリューション

オリンパスのさまざまな溶接検査ソリューションは、断絶部やその他欠陥の位置を検出するための無類の性能を発揮します。充実のソフトウエアオプションで、よりパワフルな探傷検査も可能にします。溶接部、鍛造品、タービンや、その他の構造部品の内部探傷検査において、目に見えないクラックやボイド、接着剥離などの断絶部の位置や大きさの測定機能と特定アプリケーションに対応したオプション機能を備えています。

PipeWIZARD

PipeWIZARDは、超音波フェーズドアレイ法(PA)と従来型の超音波法(UT)を組み合わせたパイプライン溶接部の自動検査システムです。現場での溶接部検査に対応できるよう設計されています。

詳細はこちら

炭素鋼のプレートおよびパイプ

COBRAは手動スキャナーで、小径パイプの円周溶接部の探傷に適しています。外径0.84インチ(21.3mm)から4.5インチ(114.3mm)のパイプ検査に使用でき、2個のPAプローブを同時に装着可能です。薄型のデザインにより、狭い隙間にも設置することができます。

詳細はこちら

炭素鋼の小型パイプ

炭素鋼の小型パイプ検査において、HydroFORM、RexoFORM、腐食アレイ(デュアルリニアアレイ)。プローブを使用したフェーズドアレイ・ソリューションにより、探傷効率が向上します。また、エンコードでC-スキャンイメージ作成により、さらに高分解能のデータを収集することができます。

詳細はこちら

TOFDソリューション

OmniScan MX2とOmniScan SXは、TOFD(Time of Flight Diffraction)溶接検査のための高性能なソリューションです。TOFD専用スキャナーや探触子、ウエッジと一緒に使用することにより、より高品質で安定した検査結果を取得することができます。

詳細はこちら

溶接部検査用(A31、A32)プローブ

A31、A32溶接検査用プローブおよびウエッジは、溶接部探傷の簡素化、標準化を考慮して開発されており、シンプルな設計でより広範囲な溶接部の探傷をカバーします。前面および上部からのケーブル接続が可能で、スキャナーのプローブホールダーとの接触を防ぎます。これらのプローブは、マニュアルとオート両方の溶接部検査に適しています。

詳細はこちら

オーステナイト、ニッケル、その他の粗粒合金類

デュアルマトリックスアレイ (DMA) プローブは、タンデム構成でTRL波 (transmit-receive longitudinal waves) `を生成します。TRL法は、ノイズが多く出る材料にも対応できるため、オーステナイトや減衰材料のSNR比率を大幅に改善可能です。

詳細はこちら

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

Let us know what you're looking for by filling out the form below.