金属産業 検査ソリューション

Loading the player…
金属産業

検査ソリューション

天然資源の新しい発生源の探査や、鍛造部品や鋳片、固体金属のバーやシートを製造する鉱業プロセスの最適化から、使用済み金属のリサイクルに至るまで、オリンパスは、非破壊検査ソリューションで金属製造プロセスをサポートし、原料の組成の確認や製造した金属製品の品質保証をお手伝いします。

マップ1マップ2マップ3マップ4マップ5

鉱業と探鉱

課題 鉱物分析
ソリューション

TERRA®

TERRAポータブルX線回折計(XRD)を使えば、地質学者、採鉱技士、冶金学者の皆様は、定量鉱物学的情報をほぼリアルタイムで得られます。 鉱物学的情報を把握することは、探鉱作業の最適化や、混合方式や採掘計画の改善に繋がります。 詳細

課題 グレード管理
ソリューション

Vanta

Vantaポータブル蛍光X線分析計(XRF)では、マグネシウム(Mg)、アルミニウム(Al)、シリコン(Si)、チタン(Ti)、マンガン(Mn)、鉄(Fe)の試料のグレードを数秒で測定できます。 グレード管理では、サンプリング密度が向上すると、採掘において確信の持てるグレード判定ができ、混合方式の改善や採掘境界の判別が可能になるため、生産の優先付けができます。 詳細

課題 亀裂検査
ソリューション

NORTEC 600、OmniScan

鉱業では多くの場合、大型ドラグライン掘削機などの大型のトラックやショベル機械を使用する必要があります。 こうした機器は張力にさらされるため、亀裂の原因となり、深刻な損傷に至る場合があります。 OmniScanとNORTEC探傷器を使用すると、内部と表面のどちらの欠陥も、深刻な状態になる前の早期段階で識別できます。 OmniScanの詳細NORTECの詳細

鉄鋼製品の製造

課題 工程管理
ソリューション

Vanta

硫化鉱や酸化鉱から金属を抽出する工程は、複雑で多段階にわたります。 Vantaポータブル蛍光X線分析計(XRF)を使用すると、工程管理や最適化に向けて、銅マットや鉄鋼マットの組成の高速で信頼性の高い分析測定が可能になるため、工程の効率化を図れます。 詳細

課題 粒子分析
ソリューション

OLYMPUS Stream+ BX53、GX53

金属組織ラボでは、アルミニウムや鉄鋼などの金属試料や合金試料の粒子分析が品質管理において重要な役割を果たします。 材料科学顕微鏡専用に設計されたソフトウェアの進歩のおかげで、ASTM E112および各種国際規格に準拠した粒子分析が可能です。 詳細

課題 品質管理
ソリューション

27MG、38DL PLUS、45MG

金属製造時には、試験片を冷却できない状況で部品の厚さを測定しなければならない場合があります。 こうしたケースでは、高温の部品の片側のみから厚さを測定できる超音波検査を使用するのが理想的です。 測定はほぼ即時に行われるため、高温の表面に接触するのはほんの一瞬です。 詳細

鋳造と鍛造

課題 PMI検査
ソリューション

Vanta

炭素鋼内の低含有クロム(Cr)を高精度に測定することは、パイプの寿命を予測する上で重要です。 Vantaポータブル蛍光X線分析計(XRF)は、流れ加速腐食検査において、合金中のCrを微量レベルの0.004%(40 ppm)まで、炭素鋼中では0.01%(100 ppm)まで検出できます。 詳細

課題 表面解析
ソリューション

OLS5000

鉄鋼の表面は、その用途によって処理が異なります。 ステンレス鋼の処理品質を評価する上で、処理後の表面の粗さの測定は重要です。 LEXT OLS5000スキャンレーザー顕微鏡は、ミクロンサイズの表面の凹凸を観察する高分解能検査に使用できます。 詳細

課題 金属変形解析
ソリューション

DSX110、DSX510、DSX510i

金属変形の状態は、鋳造製品の品質を判別する上で重要な要素であり、高精細度イメージングを使用して構成部品全体にわたって調べる必要があります。 ほとんどの場合、構成部品全体の画像をイメージングして調べるには、従来型の顕微鏡では視野が不十分です。 DSXデジタル顕微鏡は広域画像をリアルタイムで取得できるため、金属変形の評価に理想的なツールです。 詳細

課題 品質管理
ソリューション

FOCUS PX

鍛造プロセスでは、容積欠陥が発生することがあります。 容積欠陥は、容積内のあらゆる場所に発生する可能性があるため、品質確保のためには、その位置と特性を判別する必要があります。 FOCUS PXデータ収集装置は、最新のフェーズドアレイ技術を採用して優れたSN比を生成します。 4つの専用UTチャンネルを使用すると、大型鍛造品検査のシステム構成にさらに柔軟性を持たせることができます。 詳細

課題 鋳造の手動検査
ソリューション

38DL PLUS、EPOCH 650

鋳造プロセスでは、金属内部にさまざまな不連続部が発生する場合があります。 例えば、ボイド、ポロシティー、含有物、割れなどです。 こういったあらゆる状態から発せられる欠陥指示は、トレーニングを受けた作業員が、適切な探触子の付いた超音波探傷器を使用して識別することができます。 詳細

コイル / パイプの圧延機

課題 品質管理
ソリューション

回転式鋼管探傷システム

鋼管製造産業では、ライン生産時にパイプ全体の検査が必要になります。 オリンパスのハイクォリティ探傷ソリューションでは、超音波フェイズドアレイプローブを全自動試験システムに統合しており、最も厳しい要件下でも3Dおよび2D探傷を行えます。 詳細

課題 品質管理
ソリューション

棒鋼探傷システムT2

鉄鋼やアルミニウムの丸棒、角棒のインライン検査は、近表面と内部の両方の欠陥指示を追跡するために必要です。 オリンパスの棒鋼探傷システムターンキーソリューションでは、超音波フェーズドアレイプローブに独自の浮動ヘッド設計を使用してデータ収集ポイント密度を高めており、業界の厳しい要求に応えます。 詳細

課題 品質管理
ソリューション

FOX-IQ

航空宇宙や石油化学、原子力といった産業では、不適切な合金材料を使用して処理や加工を行うと、深刻な事態を招きかねません。 大量生産するメーカーは、事業を守るため、出荷前の部品検査に高速の非破壊的方法が必要です。 FOX-IQチューブ&ロッドシステムは、こうした機能を、統合が容易で使いやすく信頼性が高いソリューションとして実現しています。 詳細

リサイクル

課題 金属判定
ソリューション

Vanta

金属スクラップ用のVantaポータブル蛍光X線分析計(XRF)は、合金をすばやく分類し判定できるため、短期間で投資の回収ができます。 堅牢設計のVanta分析計はIP65/IP64に準拠し、落下試験に合格しています。 ほとんどの合金は高速スループットで1~2秒で判定できますが、オプションのワイヤレス接続方式を使用すると、分析計をOlympus Scientific Cloudに接続できます。 詳細


このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK