Olympus Logo

X線分析装置
X線分析装置

オリンパスのX線分析装置(XRF/XRD)は物質特性の定性的・定量的解析が可能で、金属・合金、鉱物・地質、リサイクル・スクラップ事業、環境・土壌、学術分野やその他の産業分野において、元素分析、合金品種判定、材料確認、製品生産・品質管理、法令遵守、規制有害物質検査、研究開発などの目的で広く使用されています。

DELTA Professional

ハンドヘルド蛍光X線分析計

ハンドヘルド蛍光X線分析計(XRF)は、素早く簡単に非破壊で、マグネシウム(Mg)からウラン(U)までの元素分析を高精度に行うことができます。ハンディータイプのため持ち運びが容易で、検査現場ですぐに測定結果を取得することができ、検査の効率化と費用の削減に貢献します。さまざまな機能を搭載しており、品質管理のための金属・合金品種判定やPMI検査(材料確認検査)、スクラップ・リサイクル材料の選別、鉱物資源探査とグレード管理、RoHS指令対応、有害物質のスクリーニング、貴金属鑑定など、幅広い用途に対応します。

Compact and Portable XRF Analyzers

ポータブル/ベンチトップ蛍光X線分析装置

オリンパスでは、十分な元素分析性能を備え、かつ操作が簡単なポータブル蛍光X線分析装置X-5000と、ベンチトップ蛍光X線分析装置Xpertシリーズを取り揃えています。Xpertシリーズには、貴金属鑑定用のGoldXpertや、RoHS指令対応機能を備えたモデルがあります。X-5000は、検査現場での持ち運びやすさを考慮して設計されており、環境アセスメント、鉱物資源探査とグレード管理、含油性/摩耗性金属の分析など、さまざまな用途に対応しています。

FOX-IQ

プロセス/オンライン用蛍光X線分析装置

蛍光X線モニタリングセンサーシステムのFOX-IQを製造ラインに組み込むことにより、金属合金チューブや棒鋼、ビレットの材料識別と成分分析ができ、自動オンラインの品質検査を実現します。また、めっき槽、化学品、スラリーなどの液体分析システムも提供しています。(現在、日本では対応しておりません。) 1日24時間、週7日の連続運転により生産プロセスが最適化され、生産性と品質管理の向上につながります。

XRD Analyzers

ポータブル/ベンチトップX線回折装置

オリンパスのX線回折装置(XRD)は、研究室用の大型で複雑な設備の検出能力はほぼそのままに、小型で使いやすくした低コストのソリューションです。NASAの火星探査器Curiosityのために開発された独自の技術は、ベンチトップタイプと検査現場へ持ち込み可能なポータブルタイプの装置に装備されています。バッテリー駆動式で遮蔽機構のポータブルX線回折装置TERRAは、フィールドで結晶分析をすることができます。またBTX II(現在、日本では対応しておりません。)は、設置面積の小さなベンチトップタイプのX線回折装置で小規模な研究室に最適です。どちらのシステムも、短時間で容易にサンプル準備ができ、化合物の同定を素早く行います。

OEM Solutions

OEMソリューション(現在、日本では対応しておりません)

オリンパスの蛍光X線(XRF)分析計やX線回折(XRD)技術を用いて、ユーザー独自の産業ソリューションをシステムとして設計するサポートも行っています。OEM製品の中には、Maersk Fluid Technologiesの油分析装置SeaMate M4000、HORIBAの硫黄/塩素計MESA 7220、また、X-Streamシステムの高速高容量XRF選別アプリケーションを用いたRedwave XRFシステムがあります。(現在、日本では対応しておりません。)

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK