事例・お役立ち資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

発電施設の配管の寿命予測に役立つハンドヘルド蛍光X線分析計VANTA


ハンドヘルド蛍光X線分析計を使ったFAC予測

発電施設の配管において、クロム(Cr)の含有量が低い炭素鋼は加速腐食の影響を受けやすくなります。 ハンドヘルド蛍光X線分析計でクロムの含有量を調べることが、配管の寿命を予測する上で極めて重要です。

ハンドヘルド蛍光X線分析計を使ったFAC予測

炭素鋼のプロセスラインでは、配管表面に保護酸化被膜(マグネタイトまたはヘマタイト)が自然に形成されます。 流量が多い場合、この酸化被膜が剥がれる恐れがあります。 配管材が酸化被膜を再生しようとしても、流量が多いため再生された皮膜も剥がれます。 この腐食現象を流れ加速腐食(FAC)といいます。 FACが悪化するのは、多くがエルボー、ティー、径違い継ぎ手などの継ぎ手からの乱流が原因です。

腐食モデルでは、クロム含有量が0.04%に満たない炭素鋼はFACの影響を受けやすいと予測しています。 このモニタリングしきい値は、当社のVanta分析計による鉄ベース鋼内のクロムの分析範囲内です。 炭素鋼パイプ内のクロム含有量が少しでも多くなると、流れ加速腐食速度が大幅に下がります。 したがって、炭素鋼内の低含有クロムを高精度に測定することが、パイプの寿命を予測する上で重要です。

以下は、炭素鋼内のクロム分析時のVanta分析計(VMRモデル)が示す画面上の測定結果です。 ご覧のように、FAC予測に必要なレベルの正確なクロム測定結果が7秒足らずで表示されます。

Vanta分析計の画面上の測定結果

検査対象試料: IARM 229B Cr認証値: 0.017%

Vanta分析計の画面上の測定結果

検査対象試料: IARM 209A Cr認証値: 0.065%

Vanta分析計の画面上の測定結果

検査対象試料: IARM 28B Cr認証値: 0.13%

Vanta分析計の画面上の測定結果

検査対象試料: IARM 35B Cr認証値: 1.12%

炭素鋼内のクロム性能

炭素鋼内のクロム性能

Vantaハンドヘルド蛍光X線分析計は、炭素鋼内の低含有クロムを高速かつ正確に測定して、配管が流れ加速腐食から受ける影響を判別できます。 クロム含有量を把握することで、発電施設の配管修理を適切かつ予防的にスケジュールできるため、漏出の危険性や継ぎ手の不具合を最小限に抑えられます。

Olympus IMS
この用途に使用される製品

合金・PMI検査(材料検証)用のハンドヘルド蛍光X線分析計VANTAは、合金の品種と番号を素早く高精度に判定することができます。プラントなどの重要な箇所に使用されている合金品種をその場で分析し、材料を検証することができます。
ハンドヘルド蛍光X線分析計VANTAは、耐久性に優れた堅牢設計により、さまざまな検査環境に対応します。オリンパス独自の新技術により高いX線カウントレートを実現し、高精度で優れた再現性のデータを取得することができます。さらに、使いやすい操作性と多様な機能により、ユーザーの生産性を高め、検査効率の向上に貢献します。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK