渦流アレイチュートリアル
渦流アレイチュートリアル

リソースに戻る

渦流アレイ(ECA)は、並列に配置した複数の渦電流コイルを電子的に制御して行う非破壊検査の技術です。このプローブでは、実装する個々の渦電流コイルが、検査対象物である構造物の位相と振幅を相対基準とした信号を発生させます。エンコーダーからの位置信号と時間を参照しながら、このデータをC-スキャン画像としてグラフィック表示します。ECA検査は、従来方式の渦流きず検出法で得られる結果の大部分を再現できることに加えて、さらに検査能力が向上し、検査時間を大幅に短縮できるという大きな特長を持ちます。

ECA技術の特長:

  • 広範囲のエリアを、分解能を損なうことなくシングルパスでスキャン可能
  • プローブを動かすための複雑な装置などを必要とせず、多くの場合は単純な手動スキャンで対応可能
  • C-スキャン画像の利用による、きず検出とサイズ判別能力の向上
  • プローブを検査対象物の形状に合わせてカスタマイズすることにより、複雑な形状の検査にも対応

1.0 渦流(EC)検査の紹介

1.1 渦流(EC)検査の概略紹介
1.2 渦流検査の歴史
1.3 装置

2.0 渦流アレイ(ECA)検査とは

2.1 基本概念
2.2 浸透する深さ
2.3 マルチプレクシング
2.4 標準化
2.5 渦流検査の利点

3.0 プローブ

3.1 渦流(EC)プローブ
3.2 渦流アレイ(ECA)プローブ
3.3 プローブの設計
3.4 プローブパラメーター
3.5 カスタムプローブ
3.6 校正用試験片

4.0 典型的な用途

4.1 リベット材検査
4.2 腐食検査

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK