InSight Blog

金は見かけによらぬもの: 偽造地金を見分ける方法

By  -

金の価格が上昇するにつれて、偽造ゴールドバー(金の延べ棒)が貴金属業界で問題になっています。 最近の偽造品は見た目も質感も本物そっくりで、金地金の識別は正しいツールがないと難しくなっています。 オリンパスでは偽造ゴールドバーを瞬時に簡単に見分ける2ステップの対処方法を開発しました。

ステップ1:

ゴールドバーの外側を蛍光X線分析計(XRF)で検査します。 XRFは、金と微量元素(銀、銅、ニッケル、プラチナ、パラジウム、イリジウム、およびその他の金合金によく使用される元素)を直接測定することで、ゴールドバーの純度を判定します。 オリンパスの分析計に採用されている使いやすいソフトウェアは、金の含有率、カラット、または純度を表示可能です。 金メッキ検出アラート機能により、金メッキが存在する場合にユーザーに通知されます。

ステップ2:

ゴールドバー全体の厚さを超音波検査(UT)装置で調べて、内部まで「本物」であることを確認します。 巧妙にできた偽造品は、外側に本物の金を使用していても、内部には安い金属が充填されています。 どんな媒質でも通過する超音波は、異なる材料との境界に当たるまで同じ方向に伝搬し続ける性質があります。 ゴールドバーの底面からではなく内部から返ってくる反射は、このパターンが変化します。これは、異種金属の混入や内部の空隙を意味します。

金の超音波検査

オリンパスの蛍光X線分析および超音波テクノロジーは、偽造ゴールドバーをうっかり売買するリスクを低減するのに役立ちます。 詳しくは、以下の資料を参照してください。

貴金属の非破壊分析と品位(カラット)判定

金地金(ゴールドバー:金の延べ棒)の超音波探傷検査 

超音波探傷器EPOCH 650

Sales Engineer

Jennifer Caban is an Applications Specialist and Sales Engineer with Olympus Corporation of the Americas. She has over eight years’ experience working with X-ray fluorescence and X-ray diffraction technologies in pre- and post-sales support functions. In her current role, Jennifer travels extensively throughout the United States, Latin America, and the Caribbean, training the Olympus sales force, and working with customers in a wide range of industries. Jennifer holds a Bachelor of Arts degree in Environmental Economics from Bates College. She is also fluent in Spanish and proficient in Portuguese. 

8月 8, 2017
InSight Blog Sign-up

By clicking subscribe you are agreeing to our privacy policy which can be found here.

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK