カタログ・ビデオ・各種資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

歯科用インプラント金属部位の表面粗さ測定


背景

口腔内で通常の歯根と同様に固定される歯科用インプラントは、表面に何らかの加工をすることによって適正な粗さを持ち、生体との癒着が進みやすくなりより強固に固定されます。一般的に歯科用インプラントの表面にはブラスト処理、酸処理、酸化処理、機械研磨処理などを組み合わせることによって、微細な凹凸が形成されます。

ブラスト処理は、鋳造物内面の酸化膜を除去し、合着や接着力を向上させる目的で行われるもっとも一般的な方法です。酸処理は、ブラスト処理により発生したブラスト材を洗浄する目的でも使われます。酸化処理は、表面を削るブラスト処理や酸処理とは異なり、チタン表面に酸化チタンを積層することで表面に凹凸を作る方法です。機械研磨処理は、歯科用インプラントが臨床応用され始めた当初から用いられている方法ですが、現在ではネック部のみこの処理を施している事が多いです。さらに表面をフッ素コーティングする事により骨伝導と石灰化がひきおこされ、治癒が早まるといわれています。

理想的な表面粗さは10~1μmと言われており、日本では共焦点レーザー顕微鏡で測定することが、工業標準として求められています。

オリンパスのソリューション

共焦点レーザー顕微鏡LEXTは、より高い分解能とトレーサブルな精度保証で、より正確な粗さ測定結果を提供します。特にネジ溝の粗さ測定には、ピント面からレンズ面までの距離が長い調査胴体物レンズを用いることが可能です。

商品の特徴

  • 超高分解能高解像な3D観察
  • 長作動対物レンズ
  • 高い斜面の検出感度

画像

Dental implant surface measurements using the ols4100-01
Dental implant surface measurements using the ols4100-02
Dental implant surface measurements using the ols4100-03
OLS5000を用いて測定した歯科用インプラントの表面粗さ

Olympus IMS
この用途に使用される製品

LEXT OLS5000は、非接触・非破壊で微細な3D形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。 サブミクロンオーダーの微細な形状測定に優れ、スタートボタンを押すだけでオペレーターの習熟度に左右されない測定結果を得ることができます。 従来比4倍のデータ取得速度を実現し、専用長作動距離レンズや拡張フレームにより従来諦めていたサンプルも測定できるようになりました。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK