事例・お役立ち資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

横方向に焦点設定したアレイによる、欠陥長さサイジング能力の向上


Automatic Fastener Hole inspection in Aircraft 概要

プローブ製造技術の改良により、欠陥の長さサイジング機能が向上しています。 フェーズドアレイCCEV[Concave Curvature in Elevation(axis):仰角(軸)凹曲] プローブは欠陥長さサイジングの精度向上を目的として作り出されたプローブです。この技術が利用されるのは、主に小径配管検査と陸上/海上パイプラインの建設時ですが、多くの超音波フェーズドアレイユーザーはこの技術を他のアプリケーションにも利用しています。 この技術の発展により、重要なパイプラインの検査ばかりでなく、これまで困難とされてきた小径薄肉部材の検査も向上してきました。

CCEVフェーズドアレイプローブの構造

フェーズドアレイプローブでは、パルスと素子の受信感度をコントロールすることによって、電子的に前方軸または能動軸に焦点を合わせることができます。 複雑なアレイ構成(デュアル・マトリックス・アレイなど)を持たないプローブの場合、受動軸はアパーチャーと素子の大きさ、およびプローブ周波数で決まる自然なビームの広がりのままで使用されてきました。

CCEVは、フェーズドアレイプローブの仰角軸、横軸または受動軸に曲率を与えることによって作り出されたプローブです。適正な曲率を決定するために、パイプライン建設の溶接部や小径パイプと管の溶接部の代表的な直径と肉厚を想定して実験室で試行を繰り返し、ビームのシミュレーションを行います。水浸プローブでレンズを使用するのと同様に、曲率を与えることによりビームスポットの幅が小さくなりビームの拡散効果が抑えられるので、長さサイジング能力が向上します。この技術は主に、PipeWIZARDおよびCOBRAスキャニングシステムに適用されますが、この方法は他の大部分のリニアアレイプローブ設計にも適用可能なので、他の多くの用途にも適用することができます。内部統合レンズでは、標準的な平面ウエッジやフラットな外ケースでも使用することができます。

linear
internal focus
flat
curved


平面状、および内部焦点アレイと対応するビームプロット例(ビーム幅が著しく縮小)

Results from PipeWizard System on 3mm wide reflector with normal 1D linear Flat Array and CCEV Curved Probe.
Results from PipeWizard System on 3mm wide reflector with normal 1D linear Flat Array and CCEV Curved Probe.
Results from PipeWizard System on 3mm wide reflector with normal 1D linear Flat Array and CCEV Curved Probe.
Results from PipeWizard System on 3mm wide reflector with normal 1D linear Flat Array and CCEV Curved Probe.

3mm幅反射器(1Dリニアフラットアレイ実装)とCCEV曲面型プローブにPipeWIZARDシステムを適用した結果

Results of inspection on 2.75” (70mm) dia. Pipe with induced 6.9mm x .5mm OD notch. Note signifigant sharpness of data and improved sizing using CCEV probe. Data taken utilizing Cobra Scanner. Sizing done via – 6dB drop method.
人為的にノッチ(6.9mm x 0.5mm OD)を作り込んだパイプ(直径2.75インチ/70mm)の検査結果。CCEVプローブの使用により、データがより明瞭になり、サイジング能力が向上。データの取得にはCOBRAスキャナーを使用(-6dB減衰法を適用してサイジング)

Cobra Semi-Automatic Scanner for Small Diameter Pipe and Tube and PipeWizard Automated System for Pipeline Construction. CCEV probes have been optimized for use in these two systems.
Cobra Semi-Automatic Scanner for Small Diameter Pipe and Tube and PipeWizard Automated System for Pipeline Construction. CCEV probes have been optimized for use in these two systems.

小径パイプ/チューブ用COBRAセミオートスキャナー、およびパイプライン建設用PipeWIZARD自動システム。CCEVプローブはこの2つのシステムでの使用のために最適化

結論

横方向の焦点を絞り込んだアレイを使用することにより、小径パイプやパイプライン建設システムにおける欠陥の長さサイジング能力が大幅に向上しました。この技術は、大部分の1Dリニアアレイプローブにも応用が可能なため、多くの超音波フェーズドアレイ検査での長さサイジング能力向上に寄与すると考えられます。標準CCEVアレイの一覧が弊社フェーズドアレイプローブのカタログに掲載されています。

カスタムCCEVプローブを適用する可能性やご不明については、SCE.PM@olympusndt.com までお問い合わせください。または、詳しい内容を online custom probe form にご記入の上、送信いただくか、お近くのオリンパスまでお問い合わせください。

Olympus IMS
この用途に使用される製品

小型・軽量のOmniScan SXでは、超音波フェーズドアレイ探傷器(PA)および従来型の超音波探傷器(UT)の2モデルを用意しています。TOFD溶接検査も可能で、PAではシングルグループに対応しています。シンプルな操作性と高いコストパフォーマンスを実現するベストバリューモデルです。
モジュール方式を採用したOmniScan MX2は、超音波フェーズドアレイ検査(PA)と従来型の超音波検査(UT)に対応します。大型のタッチスクリーンモニターを搭載し、迅速なセットアップから探傷・データ収集、レポート作成までスムーズで優れた性能を発揮します。TOFD溶接検査も可能で、PAではマルチグループに対応しており、高精度な検査を実現するフラッグシップモデルです。
フェーズドアレイプローブは、用途別にさまざまな形状とサイズで設計されており、周波数は1MHz~17MHzの範囲で、10~128の振動素子を持つものを取り揃えています。斜角、ウエッジ一体型、水浸型プローブのほか、用途に合わせてカスタム設計することも可能です。
PipeWIZARDは、超音波フェーズドアレイ法(PA)と従来型の超音波法(UT)を組み合わせたパイプライン溶接部の自動検査システムです。現場での溶接部検査に対応できるよう設計されています。
COBRAは手動スキャナーで、小径パイプの円周溶接部の探傷に適しています。外径0.84インチ(21.3mm)から4.5インチ(114.3mm)のパイプ検査に使用でき、2個のPAプローブを同時に装着可能です。薄型のデザインにより、狭い隙間にも設置することができます。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK