事例・お役立ち資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

O2センサー金属カバー接続部の顕微鏡検査


O2 Sensor appearance
O2センサー外観

1. アプリケーション

O2センサー(酸素濃度センサー)は、金属でカバーされており、そのカバーは圧着・溶接で接続されています。また、センサーの先端は排気ガス管 内に挿入されており、排気ガスは700℃から1000℃になります。そのため、先端部とそれ以外の部分の温度差が非常に大きくなります。更に、圧着・溶接が不十分だと、その温度差のためにメタルカバーにクラックがはいる、割れてしまうなどの不具合が発生することがあります。

2. オリンパスのソリューション

BX53Mによる金属カバー接続部の観察による圧着・溶接工程の品質管理を行います。

3. 商品の特徴

  1. オリンパス独自の波面収差コントロールにより、バラつきの無い光学性能を実現
  2. 照明の明るさを変更しても、色調が変わらないLED照明を採用
  3. ダイアルを廻すだけのシンプルな観察方法の変更

4. 画像

O2 Sensor appearance
O2センサー外観

O2 Sensor Cut image
O2センサーカット画像

O2 Sensor Cover
金属カバー接続部

Olympus IMS
この用途に使用される製品

BX53Mは、モジュール性を考慮した設計により、工業分野の幅広い用途でのさまざまなご要望にきめ細かくお応えします。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK