カタログ・ビデオ・各種資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

レーザー顕微鏡によるワイパーブレードの形状変化の観察測定


ワイパーブレード
ワイパーブレード

アプリケーション

ワイパーブレードは自動車の外装品であり、温度や湿度の大きな変化にさらされます。そのような過酷な使用環境下で高い耐久性を維持することが求められています。
新品と、耐久試験後の製品のゴムの裂けやひび割れ、変形、異物付着の有無などの観察と測定を行うことにより、高い耐久性を持った製品開発に役立ちます。しかし、従来は表面形状の変化を定量的なデータとして示すことが困難でした。 

オリンパスのソリューション

3D測定レーザー顕微鏡LEXTは、表面形状の変化を画像と定量的なデータとして取得することができます。

商品の特徴

①カラー画像、レーザー画像、3D形状データが一度に取得できるので、解析の幅が格段に広がります。
②画像のなかから測定したい場所に自由に測定線を引くことで断面プロファイルを表示し、任意の2点間の段差、幅、断面積などを測定できます。
③測定箇所の領域を指定するだけで、段差、線幅、表面粗さ、体積などを測定できる簡単解析機能があります。オペレーターのスキルに依存することなく、常に安定した測定結果を取得することができます。

ワイパーブレード(上:新品 下:耐久試験後)
ワイパーブレード(上:新品 下:耐久試験後)

表面形状プロファイル計測(新品) 対物レンズ50×
表面形状プロファイル計測(新品) 対物レンズ50×

表面形状プロファイル計測(耐久試験後) 対物レンズ50× 
表面形状プロファイル計測(耐久試験後) 対物レンズ50×

Olympus IMS
この用途に使用される製品

LEXT OLS5000は、非接触・非破壊で微細な3D形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。 サブミクロンオーダーの微細な形状測定に優れ、スタートボタンを押すだけでオペレーターの習熟度に左右されない測定結果を得ることができます。 従来比4倍のデータ取得速度を実現し、専用長作動距離レンズや拡張フレームにより従来諦めていたサンプルも測定できるようになりました。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK