カタログ・ビデオ・各種資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

コンロッドビッグエンド部のオイル溝形状評価


コネクティングロッド
コネクティングロッド

アプリケーション

コネクティングロッドはシリンダー内のピストンの上下運動をクランクシャフトの回転運動に変更する機能があります。クランクシャフトと連結される部分はビッグエンドと呼ばれ、内側はコンロッドベアリングと呼ばれる薄いプレートを介してクランクシャフトと摺動し、強く摩擦されます。したがって、クランクシャフトとのスムーズな摺動と、摩擦力軽減のために潤滑油が塗られています。常に適切な量の潤滑油を保持するために、ビッグエンドの内側には潤滑油を保持するための溝が形成されています。このオイル溝の形状が設計通りに形成されていれば、クランクシャフトと適正な摺動がおこなわれます。したがって、オイル溝の高精度の形状計測はコネクティングロッドの品質管理において重要
となります。しかし、コネクティングロッドは長く、両端は円形をしているので、ビッグエンド部を顕微鏡観察するためには、冶具で縦方向に保持する必要があります。しかし、その時サンプルの全体高さは高くなり、顕微鏡のステージに載せると対物レンズがぶつかってしまいます。

オリンパスのソリューション

オリンパス3Dレーザー顕微鏡LEXTは、サンプルの高さが最大210mmまで対応できるタイプの本体がラインアップされていて、冶具をつけたコネクティングロッドをステージに載せても観察測定を行うことができます。

商品の特徴

  1. 最大サンプル高さ210mmまで観察測定できる本体をラインアップしました。
  2. 従来機種の最大4倍のスピードで測定できる高速性を実現しました。
  3. 優れた解像度(平面分解能0.12um)による高精度測定を行うことができます。
  4. スタートボタンを押すだけで高精度データが取得できるスマートスキャン機能によって、測定者によるデータのばらつきが無くなります。

画像

コネクティングロッド

コネクティングロッド

ビッグエンド部は上下に分割可能

ビッグエンド部は上下に分割可能

冶具で縦向きに固定されたコネクティングロッド

冶具で縦向きに固定されたコネクティングロッド


LEXTにセットされたコネクティングロッド

LEXTにセットされたコネクティングロッド


オイル溝のレーザー顕微鏡画像(対物レンズ20Xズーム1X)

オイル溝のレーザー顕微鏡画像(対物レンズ20Xズーム1X)


オイル溝の形状計測

オイル溝の形状計測

Olympus IMS
この用途に使用される製品

LEXT OLS5000は、非接触・非破壊で微細な3D形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。 サブミクロンオーダーの微細な形状測定に優れ、スタートボタンを押すだけでオペレーターの習熟度に左右されない測定結果を得ることができます。 従来比4倍のデータ取得速度を実現し、専用長作動距離レンズや拡張フレームにより従来諦めていたサンプルも測定できるようになりました。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK