カタログ・ビデオ・各種資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

繊維機械用セラミックス部品の表面粗さ - レーザー顕微鏡による微小エリア表面粗さ測定


アプリケーション

衣類などの材料に使われる繊維の製造機械では、繊維を巻き取ったり、誘導したりするガイドが数多く使用されています。これらのガイドは、繊維が高速で直接接触するところにあるため繊維が引っかかって切れてしまう、または摩擦で発熱することによって繊維の品質に影響を与えてしまうなどの可能性がある重要な部品です。このため、その表面の微細な凹凸である表面粗さ、傷などの凹凸の定量評価が重要になってきます。
これらのガイドには耐久性の観点からセラミックスが採用されていますが、セラミックスには表面に微細で起伏の激しい凹凸があり、これまでの接触式粗さ測定機や白色干渉計といった微小3次元測定機では測定が困難なケースがありました。また繊維が接触する非常に狭いエリアの表面粗さ測定にも最適な測定機器がありませんでした。

オリンパスのソリューション

オリンパスの3D測定レーザー顕微鏡LEXTでは、非接触で高分解能かつ高精度な3次元形状測定を行うことが可能で、表面の粗さや凹凸の深さ (高さ) のプロファイル測定を精度良く測定することができます。LEXTでは、接触式と同様の粗さ (2次元) パラメーターを搭載しており、接触式と同様の互換性のある測定結果を得ることができるほか、ISO25178に準拠した粗さ (3次元) パラメーターも搭載しているので、面領域での評価を行うことで線粗さよりもより多くの情報量が得られ、数値のみならず3次元画像と照らし合わせた評価が可能です。

バーガイド表面

bar_guide_surface_objective_10x

対物レンズ10X, ズーム1X

bar_guide_surface_objective_100x

対物レンズ100X, ズーム1X

Olympus IMS
この用途に使用される製品

LEXT OLS5000は、非接触・非破壊で微細な3D形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。 サブミクロンオーダーの微細な形状測定に優れ、スタートボタンを押すだけでオペレーターの習熟度に左右されない測定結果を得ることができます。 従来比4倍のデータ取得速度を実現し、専用長作動距離レンズや拡張フレームにより従来諦めていたサンプルも測定できるようになりました。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK