カタログ・ビデオ・各種資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

非接触・表面粗さの評価 - ネジの形状測定


アプリケーション

一般的に、ネジには締め付けることによって複数の部品を接合させる機能が期待されます。接合する機能を実現するためには、緩まないような静止抵抗の大きさが求められ、表面粗さを適正に管理する必要があります。精密機器に使用されるネジは、測定エリアが微小で、これまでの評価方法では測定が困難です。加えて抵抗値を管理するにはこれまでの線粗さ測定ではなく面粗さ測定が求められます。

オリンパスのソリューション

オリンパスの3Dレーザー顕微鏡LEXTでは、ねじ山・溝形状やピッチ、ねじ山の高さ、フランク(斜面)の角度などの3次元形状を評価できるほか、接触面の抵抗に影響する表面の粗さの測定も可能です。またステッチング(画像連結)モードを使い広視野観察も実施可能です。

精密ネジ全体3D像 

3d image of a precision screw

対物レンズ10x ズーム1x ステッチング       

ネジ谷部表面粗さ

surface roughness of the root of a thread

対物レンズ100x ズーム1x

Olympus IMS
この用途に使用される製品

LEXT OLS5000は、非接触・非破壊で微細な3D形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。 サブミクロンオーダーの微細な形状測定に優れ、スタートボタンを押すだけでオペレーターの習熟度に左右されない測定結果を得ることができます。 従来比4倍のデータ取得速度を実現し、専用長作動距離レンズや拡張フレームにより従来諦めていたサンプルも測定できるようになりました。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Let us know what you're looking for by filling out the form below.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK