Olympus Logo
Olympus LogoOlympus Logo
カタログ・ビデオ・各種資料
アプリケーションノート
リソースに戻る

カミソリの刃先の評価 - レーザー顕微鏡による微細形状測定


アプリケーション

かみそりの切れ味は刃先の状態に依存し、刃先が欠けたものは切れ味が落ちます。刃の耐性試験において、先端の形状を正しく把握することは品質向上の観点で非常に重要ですが、かみそりの先端は非常に鋭角で、従来はその形状を正確に撮影することは困難でした。

オリンパスのソリューション

オリンパスの3D測定レーザー顕微鏡OLS4100では、斜面の検出感度が非常に高いので、カミソリのような微細な刃先の形状でも3次元的に観察したり形状測定を行うことが可能です。新品と使用後の刃先を比較することで、切れ味が悪くなった場合の刃先の様子が視覚的に確認できるほか、高分解能かつ高精度な3次元形状測定を行うことができるので、刃先の角度や欠けの深さなどの定量的な評価も可能です。

良品

Razor blade_new_ob100x3D

Razor blade_new_ob100x3D

対物レンズ: 100X ズーム: 1X

使用後の刃先欠け

Razor blade_used_ob100x3D

Razor blade_used_ob100x3D

対物レンズ: 100X ズーム: 1X

Olympus IMS

この用途に使用される製品


LEXT OLS4100

LEXT OLS4100は、非接触でサンプルの3次元表面形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。複雑な微細形状の測定に優れ、触針式表面粗さ測定機とのデータ互換性もあります。2倍の画像取得速度や従来より広い範囲の画像取得ができるようになりました。

LEXT OLS5000NEW

LEXT OLS5000は、非接触・非破壊で微細な3D形状の観察・測定が可能なレーザー顕微鏡です。 サブミクロンオーダーの微細な形状測定に優れ、スタートボタンを押すだけでオペレーターの習熟度に左右されない測定結果を得ることができます。 従来比4倍のデータ取得速度を実現し、専用長作動距離レンズや拡張フレームにより従来諦めていたサンプルも測定できるようになりました。
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。